表現の奥にあるもの

b0163088_949287.jpgテレビを何気なくみていたら
大好きな大宮エリーさんがでている!

そんな理由で見ていた
日曜美術館

この日ピックアップされていたのは
ルノワール(ルノワール展→

誰でも一度は聞いたことがあり
美術の教科書などでもお馴染み

わたしも例にもれず
作品を
なんとなくだけどみたことがある


ルノワールは生涯
悲しい絵などは描かずに
幸福な絵しか描かなかった

それはなぜか

その理由は
ルノワールが生きた時代背景にあるといいます

当時は混沌としていたフランス
それをリアルに切り取る絵ではなく

現実が混沌としているなら
絵は重く悲しいものを描く必要はない

見ていて幸せと感じるものを

見る側の視点で絵を描いていたとゆう

つい、絵を描く、物をつくる、など
クリエーターは自分の思いや
感情のようなものを
作品ににじませたりする中

それを
まったく排除するなんて

それってほんとうにすごいこと

大宮エリーさんの言葉が
ぽとんと頭の中に残った

自分の目線だけで考えたものだと
エゴがどこかしらに入ってしまいがちだけど

表現されたものの奥にあるものが
相手への思いやりなら

それはとてもあたたかく
とても
ココロを大事にされている気がする
[PR]
by maaruku | 2016-07-13 10:03 | ひとりごと | Comments(2)
Commented by desire_san at 2016-07-13 13:29
こんにちは。
私もルノワール展を見てきましたので、興味を持って読ませていただきました。初期の作品から晩年の裸婦の傑作までルノワールの生涯の作品が展示されており、ルノワール絵画の全貌を知ることができてよかったと思いました。

今回のルノワール展からルノワールの絵画の魅力となぜルノワールの絵画が見る人を魅了するのかと、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌとの芸術の本質的の違いを考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。
Commented by maaruku at 2016-07-14 10:07
コメントありがとうございます。
ルノワール、素敵ですね。テレビをたまたまつけなかったら
私はその奥深さも、魅力も知ることはありませんでした。
専門的なことははまったく解りませんが
これから、また違った視点で絵を見ることができるのはうれしいですね。


自分らしいキレイを応援! カラダの中からキレイと笑顔を作ろう!


by maaruku

プロフィールを見る
画像一覧

メニュー一覧

2017年 
[まりベジレシピ集]発売中!
1冊 ¥600 +¥120で郵送も可能です!
お申込みは
maarukumari☆gmail.com(☆を@に変換してご連絡ください)


ただ今HP準備中です



*あなたの街にも出張します!
 各講座、セッション、料理教室、食べる会など
 あなたの街にらぶあーすが伺います!
 詳細など、お気軽にお問い合わせくださいね


**********************
他のメニューもございます→
気になるメニューや
ご希望の日時についてなどのお問い合わせは
お気軽に下記までご連絡くださいね

maarukumari☆gmail.com(☆を@に変換してご連絡ください)

***

らぶあーすへの
アクセスはコチラ→

~・~・~・~・~・~・~・

ブログパーツ

フォロー中のブログ

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by maaruku at 10:07
こんにちは。 私もル..
by desire_san at 13:29
石都都古和気神社様 bl..
by maaruku at 13:29
こんにちは!ブログ拝見さ..
by 石都都古和気神社 at 09:34
ravennaさん(о´..
by maaruku at 09:43

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ファン

ブログジャンル